熟女出会い

エロくてごめんね出会い系の熟女だもん

私が熟女出会いSNSで知り合った熟女と最初に経験した本格的なデートは、イチゴ狩りデートでした。

 

出会ってから2〜3回は、お互いの事を知る必要から色々と話をするために取り合えず、喫茶店やファミリーレストランでの食事が主だったものでしたが、次のステップとして他のデート方法を取る事にしました。

 

いくつか案はありましたが、冬という時期的に定番の遊園地や湖畔でのデートは辛いものがありましたから、ハウス内で温かくそれでいて程よい時間を程よい距離で楽しめると思い、このプランにしました。熟女の年齢になると冬の屋外はつらいのです。

 

熟女出会いSNSで知り合った相手は私の住まいより1時間ほど離れた所に住んでいる方でしたが、遠出の苦手な私のためにちょくちょくこちらに出てきてくれていたので甘えさせてもらい、私の住まいから一番近いハウスでデートする事になりました。

 

平日という事もあり空いていて、特に待つ事も無くすんなり入る事ができ、早速ハウス内でイチゴ狩りを楽しむ事にしました。

 

勿論、目的はイチゴ狩りだけではなく相手の人柄や性格を知るための、いつもとは違う状況を利用したリサーチですから、食べながらの色々な話をふっていきました。

 

面と向かった様な状況では、ちょっと聞きずらいそれまでの恋愛経験や家族との関係(今日以外にどんなデートをしたのか・御家族はどんな人かなど)を何の気なしに聞き、自分と相手が今後もやっていけるかどうかを会話から考えていきました。

 

流石に最初から、収入や以前の彼女との別れた理由なんては聞きたくても聞けませんが、ただ座って話すよりは大胆な内容が聞けたと思います。

 

ただ、イチゴ狩りやぶどう狩りなどは時間制限もありますし、同じものを食べ続けて飽きてしまうせいか、おなかもすぐいっぱいになりますから、長時間のデートには向いていません。

 

あくまで次への繋ぎといった意味合いが強いですが、こういったものは味わう・視る・嗅ぐ・触るなどの五感に訴えかけた行動なので、思い出に残りやすい可能性がありますし、イベント事として今後も続けられる可能性もありデートとしてはお勧めです。

 

2人の仲がより深まってきたら、食べさせあったりも出来ますしね!

 

注意点としては女性の場合、何のリサーチも無くイチゴ狩りに行くと地面で栽培しているような所では服を汚してしまう事になるので、行く場所の栽培方法は忘れずにチェックし、持って行くバックや荷物もあまり嵩張らないようにコンパクトな物にして、両手が使えるようにしておくのがお勧めです。こちらも参考に熟女出会いブログ

 

 

エロい熟女出会い合コンで知り合ってから1年後に婚約

出会い系で知り合った熟女と結婚する事になりました。
そして、正月は、それぞれの実家に顔出しだけして、2日からは家族旅行するのが習慣となっていました。
それで秋になっでから今度は夫と、どこに行こうが相談する為にパンフレットを用意していたんです。
夫との出会いは、熟女合コンがきっかけです。
お互い恋人を探す気満々で合コンに参加していました。
それが、出会い系の始まりです。
私がいくつか行きたい所を言って、主人がネットで予約してくれてました。それが昨年は、「毎年旅行に行かなくてもいいだろ」と面倒臭そうに主人が言ってきたんです。
「貴方は会社の出張であちこち行けるからいいけど、私は普段はずっと家にいるだけよ」
私は頭に来て思わず言い返してじまいました。
「だったら君が行き先決めて宿も手配すりゃいいだろ。こっちは1年で一番仕事が忙しい時期なんだ。
そんなことまで構ってられないんだよ」
「そんなことっていい方は酷いじゃない。
独身じゃないんだから家族サービスも大事な役目じやないの」
こんなふうに夫婦喧嘩に発展しかけました。
その時に主人に言われたんです。「君と旅行なんて行っても面白くないんだよ」この言葉は物凄くショヅクでした。出会ってから始めてこんな事を言われました。出会ったころは、そんなじゃ無かったのに・・・。それが、私が出会い系サイトにのめり込むきっかけです。
毎日、優しい男との出会いを求めて熟女出会い系にログインした携帯を握り締めています。

 

そんな熟女が大好きな芸人がいますが、気持ちはよくわかります。キャラだと言う人もいますが、私は、私と同じ種類の人間だと思います。熟女好きは本当に珍しい事ではありません。なかなか人には言いにくいですけどね。でも、一度、そんな話をした相手も熟女好きだった場合、話はかなり盛り上がります。朝まで、飲み明かしましたね。意気投合とは、このことかって感じです。安い居酒屋で人目もはばからず話したもんです。近くの席の人は、ちょっと引いてたかもしれません。
思い返せば、初恋も中学の部活の先輩です。高校もしかり。初めての彼女も大学のサークルの先輩です。
このままいけば、間違いなく姉さん女房でしょう。そう願っています。できれば、10歳位年上がいいです。
でも、子供も欲しいので、20代には、結婚しないと高齢出産になってしまいますし、もう、時間がありません。2人目の子供を考えるとちょっときついですね。こんな女性の好みじゃなかったらこんな心配は、しなくてよかったのに。いろいろ悩みが尽きません。
でも、競争率はかなり低いので、こっちからアプローチすれば、かなりの確率で口説けますね。最初は、からかっていると思われるのですが、熱く語れば分かってもらえます。それにいろいろ世話を焼いてくれるので、快適です。

 

 

熟女の姉さん女房でセンスアップ

私の女友達は40歳のときに、当時26歳の男性と結婚しました。
そのことを初めて聞いた周囲の人はびっくりするようですが、この夫婦の出会いのなれそめを初めから知っている私としては、自然な成り行きだと感じます。
彼女が年上と聞くと、男性のほうが尻に敷かれて気の毒だと思う人も多いかと思いますが、友人の彼女らを見ていると、男性のほうにもメリットがあることが分かります。
もちろん年が上だと、ほとんど女性のほうに主導権があります。
男性のほうは、はじめファッションセンスが残念な感じだったのですが、友人がすすめる洋服を反抗することなく着続けていて、いつのまにか、さわやか好青年になっていました。
若者同士であーでもないこーでもないと迷走するよりも、年上の彼女ならちょっと離れた目線から客観視できるので、イメチェンもいい方向に働きます。
また、年が離れていると親子のように見られてしまうことも多いそうです。
これを回避するために、店に入るときは積極的に肩を組んだり、手をつないだり、カップルであることを強調しているのだそうです。
普通は恥ずかしくてなかなかできませんが、年が離れているがゆえに、人前で堂々とカップルらしくできるのも、年上の熟女の彼女を持ったときの利点だと言えるでしょう。